2009.06.09

もう若者

ああー、今日も昨日の出来事が今日に。(8日の出来事です。)
今日もすずめ兄弟は元気なようです。
と、推量なのは二匹が一緒に居らなくなったせいで断定できません。すずめ兄弟で居ないと本当にウチで巣立った子なのか判らないどす。
たぶん兄ちゃんの方が独り立ちの時期なのだと思います。
兄ちゃんらしき小すずめが親に近づいたり、後を追ったりすると、じゅじゅじゅっと威嚇されて追い払われてしまいます。時々しつこく追い回されてます。
それで、独りで居るようなのですが…

ぼけぼけですんません…でもキリッとしているように見える

親と居ないのが兄ちゃんと決めつけてますが…。
もう一枚。
上のはまだ幼い感じしますが、こっちの方が成長が判ります。

ちょっと変な顔に撮れてしもうた

前の画像から45分時間開いているので、違う個体だったという落ちだったりするかもしれませんが(;´Д`A “`
すずめ兄弟の他にひなっこはやってこないので、たぶん兄ちゃんだと思うのです。
カラスファミリーが占拠していた時間は、すずめファミリーどっかに避難してたようで、ファミリー以外の何匹かのすずめとともに戻ってきました。
一匹の小すずめが親に近づいたのが見えました。
親はじゅじゅじゅっ!と子すずめを威嚇、子すずめから逃げるように飛んで行ってしまいました。
もう一匹、どこに居たのか後を追うすずめ。子すずめかどうか確認できませんでしたが、こっちが弟かと思います。兄ちゃんらしき威嚇された子すずめは後を追いませんでした。
その後、親はいつものようにバードテーブルから五穀米を運んでました。
兄ちゃんは近づいていくようなのですが、親に追いかけられて逃げ回ったりしてました。
もう、飛ぶのが上手です。スピードも出てます。小回りも効く。これも訓練のうちなのかもしれませんな。
夕刊を取りに行ったら、玄関前のヒバで親にプルプルしている子すずめを見ることが出来ました。こっちは弟なんだろうと。
もしかすると、巣立ちが遅かったか、巣にいる段階で差が付いていたのかも。兄ちゃんは優良児。
でもまだ、完全に単独行動ではないようです、ウチに戻ってくるタイミングがファミリー単位です。
親は付かず離れず、ごはんは自分で食べなさいってことなのでしょうか。
たしか、子育てしない若い個体は集団になるのだと聞きましたが、すずめ社交界にはどうやってデビューするんだろうか。最初は親が付き添うのかな?二回目の子育て前に親は離脱とか。
あと、どっかですずめの家族は絆が強く、先に育った兄弟が子育てに参加するとか聞いたこともあるような…?
でも、若いすずめ軍団は旅団となって古里を離れるという話も聞いたことあるし。
うーん。すずめの本買おうかな。
兄ちゃん、弟がしっかりするまで、もうちょっと待っててくれよー

コメントをどうぞ



PageTop