2013.07.07

Filter 新譜を聴いた〜

6月4日にFilterが3年ぶりに新しいアルバム”The Sun Comes Out Tonight”をリリースしたので早速聴いてみました。

初めて聴いた感じでは、うぼ?(´・ω・`)あれ〜
一曲目のWe Hate It When You Get….は凄いかっこいくて、つかみはバッチリですがちょっとショックを受けただす。
OじろーがFilterに求めているものがリチャードの歌唱力なので、声にエフェクトがかかっているのに不満を覚える。
しかし、We Hate It When You Get….は、リフもなにもかもかもかっこいい。ヴォーカルも素材のうちという感じですかね。
どちらかというとボーカルを全面に押した前作までのが好きですが、気持ちのいい無機質ではあります。Filter特有の浮遊感は増してるかな。

3曲目にアコギが来て、お!っと思いましたが、うぼ?(`・ω・´)あ、あざとい。
どれくらいかというとTake A Pictureくらいw
おまいらこんなん好きでしょ?ね?ね?って感じがします。
好きだよ…ばかっ!
Take A Picture イントロを思い出す曲も入ってるね First You Break It こっちのが好きかな。

タイトル曲のWatch The Sun Come Out Tonight は凄い完成度。
やばい、なんて言ったらいいのかわからない。
しかし、Oじろーは中二病なので、次ぎのIt’s Got To Be Right Now が疾走感!って感じで好きだす。
Burn It が嫌いw 頭の中で勝手にリピートする系なのでw 初めて聴いた日の夢でもリピートしたっす。
Take That Knife Out Of My Back もリピート系だw やwばwい うは。嫌いwと思っても気になるってことなので癖になるだよね。

結論、どの曲も聞き流せない力の入ったというか凝りまくったアルバムだと思います。
スルメかなぁ どうなんだろう。
好きか嫌いか言われたら、今回も大好きだああああ!という洗脳ぶりですが、Oじろーにはすんなりとは入ってこないアルバムでした。
前作のThe Trouble With With Angels のボーナスに入っていたShot From The Sunが凄く気に入っていたんだけど、このテイストがどっか元にあるのかなという感じもさせつつ、ちょっとファーストやセカンドアルバムの若かりし頃も意識してたりするのかそういう雰囲気の曲もあり、っていうか過去の全アルバムの雰囲気を全部詰め込んだ感じがあるんですよね。The Trouble With…はコンセプトに基づいて作られたアルバムって感じが強かっただけに。
この人は天才だ。カリスマではないかもしれないけど。
大丈夫かリチャード。老成するには早いよ。

蛇足、iTunesのジャンル分けがMetalでちょっとおお?(´・ω・`)と思うのです。

2010.11.03

ambivalent

あははははは!!!!wwwww
リチャードが砂浜を走ってる!wwww
ひぃーっ、ひっ、ひっ、は、腹イタイ…
Filterの新アルバムについてレビューでも書こうかなと思っていた矢先、オフィシャルサイトを久々に覗いたら “Fades Like A Photograph” のオリジナルPVが来てまして…
砂浜を駈けるリチャード…
おっさん、なにやってんだw
サイトの入り口にYouTubeでは公開できない類に仕上がった”No Love”のPVも来てますが、Carmen Electraさんのお色気が吹き飛ぶくらいリチャードの青春PVがこっぱずかしいですw。
しかし、PVがいっぱい出てるって事は、”The Trouble With Angels”は売れてるらしい?

2009.11.15

きたきたー(またしてもFilter)

そいえば、リチャードが年末に映画のサントラって言ってた、と思って久々にオフィシャル覗いたら
きたきた。
“Happy Together” on The Stepfather Soundtrack
『ステップファーザー』ちゅー映画だそうです。
…えっ?低予算ホラーリメイク映画でしかもカバー??
ひゃっ、これっていわゆるグループサウンズ?? 素敵すぎるぅw
元ネタ Happy Together / The Turtles

ひぃぃ、こわいよぅ。
曲調ががらっと明るくなるとこが恐いよぅ。妙なハッピー感が迫り来るよぅ。
激しい拷問の末、脳内麻薬が駄々漏れになって楽しい夢見てる見たいな…ホラー映画のサントラという先入観が作用してるだけですが。
この作用、なんか悪い映画の刷り込みなんだけど、映画自体は思い出せないのです。
エンゼルハートかなぁ。
悲惨なシーンで淡々と綺麗な優しい曲が流れてて、みょーに恐い。その怖さだけが酷く印象にのこっているという。
サントラのFilterカバーはこっち
The Stepfather Soundtrack- Ending Theme
Happy Together / Filter

映画のストーリーはどうやら、男の子の母親が再婚したのがやばい男だった。という話のようです。
家族の事が気に入らなくなると、全部殺してリセットして、次々と渡り歩いているという。
オリジナルのままの曲調だと、継父が壊れた頭で幸せ家族を捜し続けるみたいで…こわいわぁ。
Filterバージョンは、リフが「やったでー!やってやったでーっ!」と叫びながら疾駆してる感に満ちていて、すっきりする感じがするような…YouTubeのコメ見るとエンドロールに流れるんすかね。
それにしても「曲はいいけど、映画はねぇ…ゲフンゲフン」みたいなコメが多いw
この映画見るか、と言ったら見ないなぁw 好きなジャンルじゃないっすわー。
ただ、やっぱりFliterのカバーはいいなぁ。ちゃんとFliter節だし。
リチャードの甘ったれ声、初めて聴いたwうひっw
しかし、むこうでは10月公開だし、年末のムービーっていうには早くないかい?
それに…いっちゃぁ悪いけど、あんまりビッグプロジェクトな映画じゃないような。
と、思っていたら早合点ですた。
ちゃんとありましたよ、ビッグプロジェクト。
11月21日から公開の話題作。
ローランド・エメリッヒ監督作品『2012』に満を持して登場!わ〜仕事してるなぁw
“FADES LIKE A PHOTOGRAPH”on the 2012 soundtrack

うおぉぉーっ オリジナル曲だす。シングルカットだす。
ちっ、遅いよ、iTunes store(そうそう、やっと Fliterの楽曲買えるようになったんだすよ!)
曲の感想は…うっなにこのいい曲。
曲のタイトルは消えちゃう的だけど、きっと人類は助かるに違いないw。
ジャケット写真見ながら聞くと、青空に、山脈を見下ろして、滑空するイメージ。
世界はどこまでも広がっちゃうよぅー!方面にFilter節が効いていて、優しく、希望に満ちた力強い曲だす。
ハッピーエンド的でちょっとあざといかなぁwと思いきや、
やっぱり、こちらもちゃんとFilterだ!うふっ。
こりゃぁ、どこでこの曲が流れるのかちょー気になる。映像が思い浮かぶ曲だすよ。
主題歌及びエンディングテーマはアダム・ランバートだそうですから、作中でって期待もあるんですが、エンドロールそうとう長そうだし、どうなんですかねぇ。
こちらでも聴けるだす。http://www.myspace.com/filter1

2009.07.25

最近、Filterしか聞いとらんような…

ねえ、奥様、Filterが年末に出る映画に提供する曲を手がけてるようですわよ。
まだタイトルとか教えてくれませんが、大きい映画だといいなぁ。楽しみっすわー。
しかも、あのブライアン・リースギャングと一緒にやるとリチャード自身が言ってます!
って、ブライアンつー人がどんな人か良く判りませんが、Filterの元祖メンバーで、辞めるとき大層揉めたようで、リチャードはそうそう貰えるもんでもないプラチナディスクを素手で叩き割ったとか(彼女と別れた時説もありますが)。
それほど憎んだやつとまた組めるなんて大人になったからこそですな。
リチャードももう41歳ですものね。
この調子で、ジーノとフランクも戻ってきてくれんものかと思いますが、それでは今の若手メンバーがかわいそうだしなぁ。
そうそう、YouTubeをあさっていたら、関連してるおもろいの見つけました。
最近のFilterのどっかの学校ライブの映像なんですが、リチャードがNINのトレントについて言及してて、コメントはNINファンのリチャードFxxk!の嵐ですた。
Oじろーは英語全然聞き取れませんので、投稿者のたいそう長いコメを一生懸命読んでみました。
リチャードは観客にNINのTシャツ着てた人がいて、それで思い出したんだけどと語り出したようす。
なんでもファンがトレントにサインを求めたそうなんですが、リチャードのサインがあるNIN・Tシャツだったためトレントに拒否られた一ファンのエピソードを紹介。
お互いもう40過ぎなんだから大人になろうやーと言ったとか。
ブライアンとの和解があっての大人な俺のコメントなんでしょうかね。
ってか、リチャードも全然大人じゃないですな。Tシャツくらい軽く流せと。
トレントとは今は別に普通だよー見たいな話もずいぶん前にあったような気がするっす。
だとしたら、リチャード、単に傷ついて言及したんじゃ。かわいそうですわね。おほほ。
それにしても、15年以上前のTシャツですわね。大事にしまっといたんでしょうか。
トレントがリチャードと同じ所にサインするほど丸くなるのを15年以上待ってたつーことですわよね。
他のメンバーのサインはなかったんですかね。リチャードのサインだけだったら、トレントが深読みしてどん引きしてもしかたないかなとも思わないでもないだす。
ってか、私がどん引きなんですが。
やっぱ、リチャードが今更NINのグッズにサインをしないように、トレントだって古いメンバーと肩を並べたサインはしないだろうと。リチャードのサインじゃなくてもサインペンしまったろうと。
過去は振り返らないみたいな?
ちょっと無理あるけど、(やっぱ、リッチだからでしょうねぇW)そういうことにしておいた方がみんな幸せということで。
OじろーはNIN時代からのファンではないので、NIN自体良く判りません。はい。
リチャード見たさにNINの古いのネットで漁る外道ですが、どん引きなんです。
昔の仲良しさんぶりに。(まぁドメスぶりにもですが。)
おフランスのインタビューの映像には「ナードカップルかよっっ」てコメが付くわけです。
あれ?なにを書こうとしてたんだっけ?ちょっと筆が滑ったようですわよ、奥様。
そ、そうだ、ょしKI(すんまそん、検索よけです・なんも情報ないもんで)が曲をプロデュースしたとかいう映画『REPO!』には、Filterはなんの曲を提供したんでしょうか?
なんぼ調べてもわからん。ぷーっp(`ε´q)こういう事態は勘弁して欲しいなぁ。

2009.07.24

すごいライブで実験

久しぶりのブログになってしまいました。ネタはあるだすが…。
えーと、Filterの凄いライブでYoutubeの埋め込み練習。
Jurassitol

リチャードが歌い終わって疲れ切っているのがいいです。
画質は良くないけど、すげいいいステージだす。

1 / 212
PageTop