2014.04.06

Mac Book Pro Retinaを今、居間にw

mbp

2月の末に、Mac Book Pro Retina 13 late 2013 を買いました。
買った動機は冬寒い。
に尽きます。
喜び勇んで開封したので開封の儀どころではなく、iphoneの変な画像しかないw

ホカホカの居間で出来る作業はホカホカでしたい。
ガラヶの家族も居間でネットしたいよね。
ということでAppleStoreでぽちりました。

なぜエントリーモデル?(オチあり)

当たり前ですが、どこで使うか。何に使うか。が機種選定の鍵になるんではないかと思います。
それプラス、オーバースペックの”オーバー”の部分にお金を使うことないよね。という考え方で挑みました。

MBPでネットサーフィン以外にする作業としては、

PhotoShopでちょっとした切り抜き、リサイズなど画像の編集
Aptanaでサイト構築 これがメイン

今までと同じ作業しかしない訳で。
snow leopard搭載のiMac late2006のスペックでも十分間に合ってる作業です。
MBPとの性能差は火を見るよりも明らかですし、今回MBPに求めたものが機動性のみだったという。
機動性のみだとすると選択肢に13inc Airが入ってきます。
しかしストレージ容量を我慢すればRetinaのMBPとの差額を6,000円と見ることもできます…
あと6,000円で2.4GHzでIPSでRetina。余裕で出せます!
画質と色は”オーバー”の部分じゃないです。しかもAirのディスプレイには当たり外れがあるという。

そこで貧乏なりに頑張って、Mac Book Pro Retina の13インチモデルの一番お安いME864J/Aを選択。
メモリだけ8GBにカスタマイズしました。
あとで自分では増やせないし本当は16GB積みたかったけど…貧乏だもん(´・ω・`)。

AppleStoreではME864J/Aを8GBにメモリ増設した場合、13inc真ん中のクラスME865J/A吊るし(8GB/256GB)との差額は1万円ほどになります。フラッシュストレージの容量128MBに一万円出すか出さないかの選択になります。

ただし!ニコニコ一括払いをするなら量販店でME865J/A 8GB/256GB一択です。AppleStoreのME864J/A カスタマイズより、交渉でポイントとかなんとかお得になる場合の方が多いんじゃないかなぁ。交渉とか関係ないAmazonですら!

けど…今回、私はAppleローン1%を利用して1年払いにしたかったのでございます。
以前iMacを買った時に1口座をすっからかんにして貯蓄し直さなかったという苦い経験から量販店との差には目を瞑ることにしましたw
そんな訳でエントリーモデルCTO 8GBなのですw。
結局は財布と相談よねというオチが着いてしまいますが、身の丈にあった選択ではないかと思われます。

ストレージ容量対策

予想通りメインのお絵描き用マッスィーンもサブのサーバーマッスィーンもあるし、そこにプラスするぶんにはMBPエントリーモデルで十分でございました。
心配になるのが内蔵ストレージの容量。
なんだかんだ必要最低限AptanaとPhotoshopとESETをインストールして現在ストレージは30GB使用してます。
どのみち容量に余裕があってもTime Machineを使いたくなるので、外付けを用意するのは必須。進行形のファイルをMBPに、作業が終了したものに関しては外付けに保存することにしました。
もともとAirMac Extremeを通してUSB接続の外付けハードディスクは無線でつながってる訳で、MBPに余計なケーブルを繫がずとも快適にバックアップと保存ができました。
これからMBPを入れたLAN環境の構築をするならAirMac Extremeはすごく便利です。あってよかったAirMac。
うちのは第二世代だけど(;´Д`)平べったくてかわいいもんね!

画面共有で快適すぎる

そしてこれが一番ありがたかったw
MBPがあれば、居間から寒い部屋のMacを操作できるのです!
今までは寒い部屋にMac2台が隣り合っておいてあり、座ったまま椅子でコロコロ移動するだけでしたから特に画面共有の必要性はなく恩恵はなかったけれど、MBPを今で使うにあたってこれほど便利なことはありません。
今やってるgit学習も一台のMacでコンフリクトしながらあったかい部屋でできるってもんです。うがー
マウス、キーボードを持ち替えないってのは、”Teleport”で経験済みなのですが、一つのモニタで違うマッスイーンを操作するのはモニタの前をうろちょろしなくていいし、なんだかことの外はかどります。

あとがき

Retinaディスプレイはどうかと言うと、文字の読み書きは快適です。
言われてるように普通のディスプレイが汚くて見られなくなる!ということは無いです。普通のディスプレイを見た時、最初違和感はありますが数分で馴れます。
どちらかというと馴れないのは、13inc RetinaにおけるWEBサイトの画像のぼやけ方です。ロゴ、文字画像周りはWEB制作側が対応をしていかなきゃなぁーと実感しましま。

その他、MBPを導入してwebの開発環境として多少見なおさなくてはならない部分もありましたが、見直しですごく環境が向上しました。
それはまた後ほど、晒してゆきたいと思います。
まだモバイルも家庭内限定ですしw 試してみたいことが沢山。夢が広がりますwうはww

コメントをどうぞ



PageTop