2011.01.01

あけましておめでとうございます


今年も宜しくおねがいします。
皆様のご多幸とご健康を心より!
もう本当に心より!!
全力でっ!!!お祈りいたします!!!
健康が一番でございますからねぇ。
今年も無事、爺さん(Power Macintosh G3)の謹賀新年挨拶画面を確認しました。
暮れにローストビーフをこさえたのでございますが…
味はともかく…肉が固い。
などと言うこともございましたが、無事正月を迎えられました。
昨夜は家人のたっての要望で「ガキ使大晦日絶対笑ってはいけないスペシャル」を延々と見て、知らない間に新年を迎えており、年を越した感を満喫できませんでしたw
皆様の暮れはいかがでしたか?
北の大地では、宴席に関しては正月より大晦日がメインでございます。
おせち料理含めたごちそうと思しき物を大晦日の晩餐にどんちゃん戴いてしまうという。謎の風習。
それでは、楽しいお正月をお迎えください!
さあ!飲むぞう!!

2010.12.17

おいしいくさい


久しぶりに食べました。
北の国ではあんまり売ってません。
「動物のお医者さん」でネタになるくらいなのに、なんででしょうか〜。
母のお友達の旦那さんが拾ってきて苦労して奇麗にしたのを大量に頂きました。
どこに、銀杏スポットが!と聞いてみようと思いましたが、臭さを思うとあっさり断念w
大好きなんです銀杏。
食べ過ぎると中毒症状が出るんですね。
本州に居た頃。それこそ八百屋さんで見かけて興奮して買って帰り、速攻全部フライパンでから煎りして…大量に食った記憶が。
いったいどうなるんだ? 嘔吐、痙攣、めまい、呼吸困難…etcですと!!!
よかった、生きててよかった…w
「大人では摂取量が40粒以上で中毒症状が起る」
うん、一日10個にしておくよ。ものたりないけど。

2010.12.17

冬期営業開始

株主さまへ、冬期鳥類限定レストラン営業開始のお知らせです。
今期は新たな新設備をローコストで投入いたしました。ロスを減らし原材料費における赤字を解消する所存でございます。

ヒマワリシードのおつまみとこってりケーキ

……でも、誰も寄りつかないのよw
ペットボトルでつくったヒマワリシードフィーダー。
割り箸が気に入らないのか…安定感が原因なのか。まだ自然の食べるものがあるからなのか。
去年はスズメたちもヒマワリを食べてましたが、今年は人気がないようです。
今年初お目見えのフィーダーが恐いとしても、バードテーブルのヒマワリも残っています。
もしかして、シジュウカラ先生がいないからかなぁ。
シジュウカラ、北の国にも常駐してますが、寒さの厳しい時はあまり見ない気がします。
群れになって南下しちゃうのかな〜。シメもこのへんは年明けないと見ないしなぁ。
あっ!そういえばヒヨも居ない…。
あれ〜、12月ってすずめばっかりだったけ〜???
枝の又のところの白いガム状に張り付いている物体はバードケーキだす。
粒餌がなくなったらしかたな〜く食べるという不人気ぶりですw
カラスに狙われてますが、今のところ8割はスズメが食べてるような…。
しかし、今年初めて作りましたが、凍結して釘が打てる感じになってしまうんだろうか?
明日朝、触って確かめたいと思います。今夜はマイナス8℃だそうで。

カメラ目線w

代わり映えのしないお食事風景です。
いつもは一日朝一回の粒餌ですが、夕方サービスで追加しました。
今朝まいた粒餌は、カラスに平らげられてしまったのです〜。
なんなんだ。カラス。珍しいやっちゃなぁ。
一匹だけ粒餌を狙うのがいるんです。狭いバードテーブルにはまり込んで苦労して喰ってました。
一箇所に山盛りにまくとほぼ食べられてしまうので、明日からは薄ーく広ーくまかねばなりません。
カラスも食べてもいいんだけど、スズメの割り当てがなくなっちゃうからな〜
難しいところですな。

2010.12.11

ホヤ最速伝説

Hoya davidcummingii

11月7日に咲いてました。
20cmくらいのカット苗で入手したのが、2009年7月20日ころ。
挿し木からおおよそ一年半で咲くとは、ホヤって早いなぁ…流石熱帯の人。
というか、多肉植物が遅すぎですね。
スタペリアの凄い充実した枝をカットして挿しのは、未だに咲かないし。否…この間入手したのは随分小さい株なのに花付きだった。つまるところ腕次第すか。がっくし。
ということは!ヘボでも咲かせられるホヤって、流石!エライ!という命題に帰れるじゃないですかw
これほど室内の窓辺に適した多肉植物ってないと思うっす。
海外のサイトですが、よく見に行くのがwww.myhoyas.com
ここのおされな室内の風景とか参考になるだす。
けっこう部屋の奥にも置いているな〜とか。たまに窓際と入れ替えたりするのかな。
いいなぁ、身近に植物。
私の部屋は北向きなので、植物が部屋にあるのに憧れています。
でも、ヘボでもたまたま咲かせられるけど、myhoyas.comのように立派に育てるにはヘボじゃだめなわけでw
やはり植物には愛情と知識と手間暇が必要ですな。
ホヤで思い出しました。最も遅い根性伝説。
商品名ラブラブハート。
もう何年も前にホームセンターで格安(バレンタインの見切り品?)で入手しました。

ほこり…

後ろのやつも手前のと同じ葉っぱのみの状態だったのですが、根性で茎を生やしました。
最初に花茎のみが突然土から出てきたので何かと思っていたら、本体になるべく茎が出てきて、葉っぱが2枚つきました。
初めて植え替えした時、葉っぱの茎が椰子の皮かなにかで頑丈に養生してありましたのをちょっと崩してやったら、ちゃんと根が張っていて、葉っぱの茎から根が生えるなんてなんと屈強な植物!!と思った記憶がございます。
カット苗で入手したHoya Kerriiは気根生えまくり、増える気満々ですので、さもありなん。
ラブラブハートはHoya Kerriiの葉っぱを二枚挿したものなのです。
ラブラブハートは可能性を秘めておりました。
いつの日かKerriiとして傍若無人に巨大化する可能性を。
何パーセントの可能性があるかはわかりません。うちでは50%ですがw
すぐカビちゃったり、枯れちゃったりするのもあるんでしょうね。
もし、ラブラブハートが何年も緑を保っているなら、茎が生えてくるかもしれません。

2010.12.10

蜘蛛

ハエトリグモ愛好家の皆様こんにちは。
な、なんと我が北国にもハエトリグモが生息していました!
いや、居るんですけど、「お、ハエトリ」と思うほどはいないというか。
わし、関東住まいで知りましたもん、ハエトリグモの存在。
でも、気をつけていると結構?居るようです。
ご存じでしたらこれらのハエトリの名前教えてください。ここは最北端の菱形の大地です。
こちらはとにかく白かった。10月末、庭の植物を置いている棚におりました。

「なによ。コノフィツムの花が萎れて鉢にはりついて通りにくいのよ。」


「うふっ、いい天気ね☆」きっと、ツンデレというやつにちがいない…

かわゆす、かわゆすヾ(´ε`*)ゝ
こちらは去年墓地で発見。バックの皮膚がキモくてすみません。(故に大きな画像になりません)
ネコハエトリかと思ったんですけど、画像検索したらちがうような。

ちんまり

こいつら、どうして家の中にはいないんだろう…
関東住まいの時は部屋の中でよくみたんだけどなぁ。
家の中に居るのはこんなのですw

「うるぁ〜っ」明後日の方向に威嚇中

というか、この人が室内を徘徊するのは今年が初めてですが。
お外で姿は見たことありますので、植木に紛れて室内に取り込まれてしまったのでしょう。
暖を求めてなのかストーブの前とか日だまりに落ちていて、
「あ、花殻が…」と拾おうとするとだいたいこいつです。
食べる物がないようで弱っております。逃げません。
オンシツコナジラミなら飛んでるけど…巣も掛けないし(カニグモ?)、だいたい獲物が小さすぎて吸えなそうです。
極小のヒメグモの子どもたちも植木と一緒に室内に収納されてしまいますが、餌が取れずなのかどんどん減ってゆきます。羽虫が居なければ、ハダニを食べればいいじゃない。
どいつもこいつも、うまいこと生き延びて春を迎えて欲しい物です。

20 / 41« 先頭...10...1819202122...3040...最後 »
PageTop