2010.12.11

ホヤ最速伝説

Hoya davidcummingii

11月7日に咲いてました。
20cmくらいのカット苗で入手したのが、2009年7月20日ころ。
挿し木からおおよそ一年半で咲くとは、ホヤって早いなぁ…流石熱帯の人。
というか、多肉植物が遅すぎですね。
スタペリアの凄い充実した枝をカットして挿しのは、未だに咲かないし。否…この間入手したのは随分小さい株なのに花付きだった。つまるところ腕次第すか。がっくし。
ということは!ヘボでも咲かせられるホヤって、流石!エライ!という命題に帰れるじゃないですかw
これほど室内の窓辺に適した多肉植物ってないと思うっす。
海外のサイトですが、よく見に行くのがwww.myhoyas.com
ここのおされな室内の風景とか参考になるだす。
けっこう部屋の奥にも置いているな〜とか。たまに窓際と入れ替えたりするのかな。
いいなぁ、身近に植物。
私の部屋は北向きなので、植物が部屋にあるのに憧れています。
でも、ヘボでもたまたま咲かせられるけど、myhoyas.comのように立派に育てるにはヘボじゃだめなわけでw
やはり植物には愛情と知識と手間暇が必要ですな。
ホヤで思い出しました。最も遅い根性伝説。
商品名ラブラブハート。
もう何年も前にホームセンターで格安(バレンタインの見切り品?)で入手しました。

ほこり…

後ろのやつも手前のと同じ葉っぱのみの状態だったのですが、根性で茎を生やしました。
最初に花茎のみが突然土から出てきたので何かと思っていたら、本体になるべく茎が出てきて、葉っぱが2枚つきました。
初めて植え替えした時、葉っぱの茎が椰子の皮かなにかで頑丈に養生してありましたのをちょっと崩してやったら、ちゃんと根が張っていて、葉っぱの茎から根が生えるなんてなんと屈強な植物!!と思った記憶がございます。
カット苗で入手したHoya Kerriiは気根生えまくり、増える気満々ですので、さもありなん。
ラブラブハートはHoya Kerriiの葉っぱを二枚挿したものなのです。
ラブラブハートは可能性を秘めておりました。
いつの日かKerriiとして傍若無人に巨大化する可能性を。
何パーセントの可能性があるかはわかりません。うちでは50%ですがw
すぐカビちゃったり、枯れちゃったりするのもあるんでしょうね。
もし、ラブラブハートが何年も緑を保っているなら、茎が生えてくるかもしれません。

2010.10.26

過ぎ去りし

本当に今年の夏は悲惨でした。
暑かったとか、マイマイガに待望のウィルスが発生したとか、そんなことは丸で覚えていないくらい忙殺されておりました。
あ、そういやぁ、Macが熱暴走したんだったw
そんな中咲いてたガガイモ科

Rhytidocaulon macrolobum

お花はちっさいです。直径1cmあるかないか。花も良いですが、本体のテクスチャが好きです。
もういっちょ。いつも出てきますが…

Stapelia hirsuta

バックの年期の入った花ばさみがいい感じだったので掲載。
ガガイモ科の多肉の中でこのヒルスタの花が一番好きなのです。これには気持ち悪ぃ〜を通り越した美があると思う。
それにしても…
綺麗だとか、わー!咲いた!とかなにかしらの感動があったから撮ったのだと思われますが、夏の記憶が余りありませんw
ストレスで軽い健忘症状態だったとしか思えず…
デジカメの画像を整理していて愕然としとりますw
そういえば今人気の動物園にも行ったんだった…

ん?

あたまかゆい

灼熱の炎天下を行軍したことは覚えているので、いちおう夏は満喫できたのかもしれないですw

2010.10.10

阿鼻叫喚なのはむしろ…

更新されないブログに足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。そしてすみません。
3ヶ月くらいご無沙汰だったブログを華麗に再開☆な目論見でしたが、選んだ素材が不味かったような気がしないでもありません。
はっきり言ってグロです。
登場人物は銀バエと蛆とスタペリアの花です。
グロが苦手な方は先に進まないことをオススメします。
そういえば、続きを読む…という便利な機能があったような。

(さらに…)

2009.09.07

たまには美しいものでも…

虫やら、虫の寄ってくる花やら、不気味なモノばっかりだったので、たまには目の休まるモノでも…
この夏咲いた花です。
まずは花畑の境界ブロックの穴に植えられてるセンペルビブムたしかフィージーウィージー

こんな所で虐げられてる風を装ってご機嫌です


花火みたいと家人にも好評でした。

お次は、苦節何年だろう? 6−7年くらいだったけ、実生から育てたのが今年咲きました。

サボの中でこの系統の花が一番好きだす

エリオシケのなんか。当時はネオチレニアだった。
なんかとは…札落ちさせてしまいました。がっくし。
種の注文書とか、古サイトとか漁れば判ると思うのですが…何しろ当時は狂ったようにネオチの種を仕入れては播き、播いては消え、してましたんで、ねぇ。
こうして門外不出が増えてゆくわけですね。
嫁には出さん…一生家にいろ。という父さん気分です。

2009.07.11

おくされさまオペレーション

一昨日、我が家にやってきたガガの内一個がおくされさまでした。

下部がゾンビ的緑色に変色ブヨってます

ガガイモの悩みは腐れです。
サボの腐れとはまた違って、肉からいきなり腐れだしたりしまふ。
頭頂部から腐れだした場合は放置でも下部が生き残って芽吹いたりしますが、今回はオペが必要なようです。

まずは、下の子を切断。

子の維管束にも腐れが入ってます。
もうちょっと切り進めねばなりません。


まだ、変色部が取り除けませんが、干からびずに発根させるには2cmちょい欲しいので、限界の長さ。
ガガは腐れ克服したりするんで、発根の可能性に賭けました。
二番目の子は腐れも入って無くセーフ。綺麗な切り口をお見せしたかったのですが、撮り忘れた…。

お次は本体です。

本体もぎりぎりまで切り詰めましたが、腐れが残りました。

ダコニールを少量の水で伸ばしたモノを切り口に塗布。

切り口が乾くまで、このまま放置です。

ガガは、サボテンならもうだめだろうなぁ、という感じの状態でも割と救えて驚きます。
挿し木も容易です。
ただ、胴切りとなったものはちょっと弱い気がしますので、吹いた子を挿木仕直す所存です。

1 / 212
PageTop